-shared-img-thumb-KAZ885_shibazakura_TP_V

メリットもデメリットもある期間工

期間工とは、自動車工場や電子部品の製造工場などで働く期間限定の契約社員のことです。3カ月~6カ月もしくは1年毎に契約を更新するので、先行きが不安な職場ではあります。
しかしその半面、寮に入りそこから職場に行くケースが多く、家賃が安くなる場合が多くお金を貯めやすい仕事です。雇用も仕事ができる人であったり、会社の経営が良ければ、新たに契約を結び働くことができます。

期間工の仕事は、自分の持ち場の仕事を覚えるまではきついものです。工程を全て覚える必要がありますし、ミスをして作業が遅れるとラインが止まって他の期間工達にも迷惑をかけるため、焦る人も多いです。また、1~2週間ごとに昼夜勤が変わるので、慣れるまではつらいと感じる人が少なくありません。
しかし、慣れてしまうと凄く楽になります。何も考えなくても、体が勝手に動くようになります。体が作業を覚えるというイメージです。体力よりも、正確にミスなく仕事をこなすことのほうがずっと重要となります。体が仕事に慣れ体力がつけば、それほど大変ではないところが多いです。

人間関係については配属先によりますが、期間工の仕事は与えられた仕事さえしっかりしていれば、怒られることなんてほとんどありません。
人との絡みの多い営業職等に比べれば、悩むことは逆に少なくなります。残業代もきちんと支払われますし、夜に突然仕事の電話が入ることもありません。期間満了時にもらえる金額も大きいです。期間工の仕事は、学歴に関係なく働けるので多くの人が入りますが、すぐに辞める人が多いのも事実です。